2014年11月26日

毛穴パック 後遺症

毛穴パックをやりすぎて後遺症を引きずっている場合があります。

毛穴の開きは、もともと角栓が開いているわけではありません。毛穴の大きさは、遺伝である程度決まってしまいます。
それなのに、角栓を頑張って撮り続けても毛穴は小さくはなりません。かえって取り返しの付かない後遺症を引きずることになります。

毛穴パックをしすぎてしまい、毛穴がダメージを受け開いてしまうと、加齢とともにその毛穴はしずく状に垂れてきてしまします。
こうならないためにも毛穴パックの使いすぎにはくれぐれも注意して下さい。
【毛穴パック 後遺症の最新記事】
posted by 毛穴パックファン at 00:01| 毛穴パック 後遺症
毛穴パック」の先頭へ